​Certified Trainers

ビガーゲームのワークショップは、専用のトレーニングを受け、認定されたトレーナーが実施します。

​それぞれが、人や組織の本質や可能性を呼び覚ますことに熱い想いを持って、企業や一般向けにビガーゲームを届けています。

​そして、全員が皆さんと同じ、ビガーゲームプレイヤーです。

  Eisaku Tsumura  

津村英作(つむらえいさく)

IPU New Zealand(私立国際大学)専任講師

組織心理学博士(Ph.D.)

プロフェッショナルコーチ

 

表面的な変化ではなく、人と組織の本質を呼び覚ますことを意図して リーダーシップ・組織開発のコンサルタント、コーチとして大手企業を 中心にワークショップやコーチングに20年以上従事。 2009年日本初のビガーゲームワークショップリーダーとして ビガーゲームを日本に導入、その後ビガーゲームトレーナーの 養成を含めて日本でのビガーゲームの普及に尽力。 2018年より世界中から学生が集まるIPUニュージーランドの国際学部、 ビジネス学科の講師として人間教育に注力をしている。活動拠点を 海外に移しての教育活動は自身のビガーゲームと位置付けて日々挑戦を続けている。

 Yumi Matsumoto 

松本由美(まつもと ゆみ)

米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ

早稲田大学商学部非常勤講師 

CTIジャパントレーナー

アメリカで過ごした3年間の異文化体験からコミュニケーションに強い関心を持つ。以来、企業研修や大学での講義、コーチングを通じ、一貫して人材育成に携わりながら、一人ひとりが個性を発揮しながら、お互いを尊重し、助け合い、共に成長していく、生きる歓びに満ちた社会の実現を目指している。 現在は主に、仕事や結婚、闘病、子育て、介護など、自身の経験を活かし、人が喜怒哀楽の経験の先へ踏み出す一歩をビガーゲームを通して応援している。

​ Hideaki Azuma 

東 嗣了(あずま ひであき)

株式会社SYSTEMIC CHANGE 代表取締役

CRRジャパン 関係性システムコーチング ファカルティ

コンサルタント/組織変革コーチとして、これまで400社、2万人以上を対象に、各種研修・コンサルティング・コーチングを実施。左脳的なロジックと右脳的な感性の両方をバランスよく取り入れることが強み。企業のサステナビリティ変革・リーダー育成に情熱を注ぐ。ニュージーランドで人生をリデザインするリトリートを毎年実施。釣りを通して世界中を旅することが趣味。 サステナビリティ・リーダーシップ学エグゼクティブ修士(EMSL)/ MBA/ 組織関係性システム プロフェッショナルコーチ(ORSCC)

Katsumi Tarumi 

垂水 克己(たるみ かつみ)

米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ(CPCC)

国際コーチ連盟認定プロフェッショナルコーチ(PCC)

プロフェッショナル組織&関係性コーチ(ORSCC)

中小企業診断士

ハウス食品(株)に入社し、14年間にわたり営業職に従事後、グループ経営企画部署で7年間組織風土改革に奔走した後に2009年独立。 会社員時代のマネジメントでの失敗・苦労経験や、独立後のストレス過多によるうつ病経験を活かした、次世代リーダー育成や組織活性コンサルティング、エグゼクティブコーチングに取り組む。

また、学生時代より続けているドラム歴は30年を超え、現在もライブ活動に力を入れている。「バンドの花形であるボーカルやギターの良さを引き出すことがドラマーの醍醐味」というポリシーは、現在のコンサルティング・コーチングスタイルにも強く影響を及ぼしている。

Keiko Hatanaka 

畑中 景子(はたなか けいこ)
米国CTI認定プロフェッショナル・コーアクティブ・コーチ(CPCC)

ザ・リーダーシップ・サークル認定プラクティショナー(TLCCP)

​ワークショップ・デザイナー(WSD)

​産業カウンセラー

 

個々人のリーダーシップの開花が、本人の人生をダイナミックにし、面白くてエコな社会を実現すると信じ、若手からエグゼクティブまで幅広い層の意識の目覚めと本質的な変化を支援している。ビジネスの世界と感性の世界の双方についての理解、多様性・異文化を超えた関係性の構築が強み。慶應義塾大学法学部卒、INSEAD MBA。

Seiji Kobayashi 

小林 誠司(こばやし せいじ)

工学修士(電気工学)

大手電機メーカーににエンジニアとして入社。映像技術の研究開発に従事し、デジタルカメラ、液晶テレビ、ゲーム機、医療機器など数々の製品開発に貢献。2005年からはマネジャーとして技術部隊をリーディング。2016年、ビガーゲームの社内ファシリテーターに選出され、ビガーゲームと出会う。

 

2018年、光り輝く未来を創り出す教育に関わりたい、という以前からの想いに突き動かされ、志願して人事に異動。社内のビガーゲームワークショップ運営に関わりつつ、プライベートでBrightening The Futureというグループを立ち上げ、教育と社会をつなげるために活動中。